iPhoneの修理代金は高いの?

専用の修理保証サービスに加入していれば修理代金は安い

スマートフォン本体を落としてしまったり、水没させてしまった時の修理代金は、公式プロバイダによる修理と非公式修理店により修理では違いがあります。しかし、専用の修理保証サービスへ加入していれば、画面割れ修理については3,400円、その他の修理であっても11,800円で年2回までの修理保証があるので割安です。修理保証サービスへ加入していない場合には、最大60,800円の修理代金が必要となるので、他のスマートフォンならば買い替えが出来てしまう修理代金が必要となる可能性があります。機種ごとに価格差があるものの、高精細部品を精密かつ高品質に製造しているので、新機種ほど修理費用が高額となる傾向が出てしまいます。可能な限り修理保証サービスへ加入しておくことが無難でしょう。

修理代金が高額に感じる理由は本体価格にある

修理代金が高額に感じてしまう理由として、日本独自の販売戦略が影響しています。本体価格は、機種ごとに異なるものの最高額の機種では11万円~12万円という価格設定です。主力モデルであっても、10万円程度の販売価格となっているので、修理代金が本体価格の半額以下ならば買い替えよりも安上がりとなるでしょう。日本国内では、3大携帯電話会社によるシェア争いの道具となっている兼ね合いから、本体価格とは別に通信料金からの割引サービスを各社こぞって展開しています。毎月支払う金額として、本体価格の実質負担額が合計で1~3万円程度に収まってしまえば、高額な機種を使っているという意識が薄れます。本来は10万円以上で購入している本体を、3万円程度で購入したと錯覚していれば、修理代金が高額に感じてしまうでしょう。本来の本体価格を考えれば、修理代金は適性な範囲内と判断出来るはずです。

iPhoneのバッテリー交換は、メーカー修理、専門店での交換、自分で交換といった方法があります。自分で交換する場合は一度自分で修理してしまうと、メーカーへの修理依頼ができなくなってしまいます。